リフォームにはどんなものがある?

ひとことにリフォームといっても、さまざまなものが挙げられます。

もともとある建物に新しく部屋を加えたり、建物の床面積を増やして2階や3階に部屋を建て増しするなどの「増築」。建物の床面積はそのままでリビングを広くしたり、2部屋に分かれていた部屋の壁を取り払って広い1部屋にする、部屋の中に収納をつけたりする「改築」。そして屋根や外壁の張り替えや塗りかえ、キッチンや浴室などの設備や機器の修理を行う「修理」。

建物の構造そのものは維持したまま壁紙や床材などの張り替えを行う「改装」。リフォームは大きくは以上の4つに分類することができ、このようにちょっとした簡単な工事から大規模な工事に至るまで、あらゆる内容を含んでいます。もちろんリフォームを行う理由についても老朽化だけでなく、震災を機に多くが検討するようになった建物の補強工事、また使い勝手のいいキッチンやバスルームへの設備交換、家族構成の変化や子供の成長に合わせた間取り変更などさまざまケースがあります。

最近では高齢者や障害者が安全、安心して暮らせるようにするために床などの段差をなくすバリアフリー化といった工事も増えています。

コメントを残す