PR|渋谷駅の人気の皮膚科病院| 壁掛けテレビで始まる新生活|東京のシェービングエステ|群馬県でオススメの司法書士事務所|演奏家の派遣会社なら響芸イタリア語の有名なレッスン教室オーダーメイドの家具ブランドサイト東京の遺品整理業者をお探しならWEBに強くなれる集客セミナー |

 

注文住宅を建てることが決まったら、エクステリアについても相談し、その後で着工確認会がありました。ここではそのエクステリアのことについて書いていきます。

ハウスメーカーが直接エクステリアの工事をしてくれるわけではなくて、そこが紹介してくれが業者に頼むことになりました。他のハウスメーカーの公式サイトや口コミも見てみましたが、そういう事例も多いみたいですね。家作りとエクステリアはまた違った分野なのでしょう。よって、必ずしもそのハウスメーカーに頼まなくてはならないとはなりません。業者の方が安いからこっちにしたという意見も見たことがあります。

うちは駐車場スペースを車3大分作ったのですが、緑を入れたくて車のタイヤが踏む部分以外はあえて土にしました。こっちの方が安かったですし。あと、玄関の階段付近には1.5mくらいの木を受けて、そのぐるりを花壇としました。

 

最初は家族も花を植えてガーデニングを楽しんでいたのですが…。案の定そのうち誰も手を付けなくなって土しか見えなくなりました。植えていた木は今でも元気なので一応の緑はあるものの、最初の気合いはどこかへ行ってしまいました。ここから言えるのは、よほど趣味でないと花壇は大きくしちゃダメだということです。余計に寂しく見えます。

 

駐車場スペースの土部分には三つ葉を植えたのですが、これが全体的に上手く広がらず、一部分に群生している状態です。とてもわかりやすいことに、暖かくなってくると葉っぱも大きくなり緑が目立つのですが、冬になるとしおしおと小さくなり、緑の範囲が急に小さくなっています。

 

芝も考えたのですが、伸びすぎて刈るのが面倒くさいと思ったので却下しました。手入れが楽で広い範囲に広がってくれるものが良いのですが、それでもそれなりに手入れをしないとこうなります。あまりぐちゃぐちゃにならないよう、コンクリート部分と土の部分をはっきり分けたのは良かったと思いますが、1人ガーデニングが趣味の人が家にいないとちょっと難しい部分もありますね。

<特別広告>
|お宝相互リンク|SEOアクセスアップ相互リンク集|ショッピングカート|童話の世界|童話|生命保険の選び方|英語上達の秘訣|お家の見直ししま専科|

コメントを残す