建て替えorリフォーム

築年数が経ってくると、外壁や屋根は風雨などでかなり傷みが進行してきます。特に外壁の塗装などは10年程度でもろくなってきますので、数十年の経過があれば、途中で外壁リフォームを行ったとしてもやはりそれなりに傷みが進行しているものです。
そのような場合には簡単なリフォームでは対応しきれなくなってしまうことがあり、どうしても大がかりなリフォームが必要となることも。そうなれば、新築したほうが安上がりではないかという考えも出てきます。
リフォームと建て替えのどちらを選ぶかは、一般的には建て替えに必要な費用の70%以上かかるようなリフォームであれば、思い切って新築したほうがいいといわれています。もちろんリフォームでも最近はかなりいい状態まで修繕することができるのですが、当然、新品を入れていく新築に比べるとその後の寿命も短くなってしまいます。つまり、将来的に必要となるメンテナンス費用などを考慮しても、割高になるといえます。

 

群馬県のメッキ処理|

コメントを残す